なぜエコが必要なのか?正しいリサイクル方法を知ろう

>

なぜリサイクルは必要なのか?

ゴミの種類を正しく分別する

物を再利用すると聞くと、何か特別に難しいことをしなければいけないと思う方もいるかもしれません。
ですが、何も難しいことはありませんので心配は無用です。
一般の家庭でできること、それはゴミの分別を正しく行うことです。
それがリサイクルへと繋がります。
ゴミの分別とは、地域によって曜日指定されたゴミを間違わずに正しく出すことです。
そんな単純なことでいいの?と拍子抜けした方もいるでしょうが、それだけでいいのです。
ですが、一見簡単な作業に思えるゴミの分別も、少しでも間違った方法で出してしまうと業者の方へ大きな負担を掛けることになります。
ただ出せばいいのではなく、ゴミとして出す前にやるべきことをきちんとやらなければ正しい分別とは言えません。
ゴミの種類ごとに正しい分別方法を紹介したいと思います。

リサイクルマークを見つけよう

ゴミの分別方法を紹介する前に、どのゴミが分別する対象になるのか、つまりリサイクル可能なゴミなのかを確認する方法を知っておきましょう。
基本的には、燃えるゴミとして分類されるものはリサイクル対象外です。
調理の際に出た野菜の欠片などの生ゴミや使用済みのティッシュペーパーなど、家庭ゴミとして出せるものは水気を切って指定の袋に入れて出せば問題ありません。
リサイクル可能なものにはリサイクルマークというものが付いています。
それらを確認してどの曜日に分類されるゴミなのかを確認すれば大丈夫です。
マークは何種類かあります。
よく見掛けるのは「プラ」のロゴが入ったものです。
プラスチック製品に付いています。他にも「アルミ」、「スチール」、「PET」、「紙」などのマークもリサイクルができることへの目印となっています。