再利用可能な容器の正しい分別方法とは

なぜエコが必要なのか?正しいリサイクル方法を知ろう

なぜリサイクルは必要なのか?

ゴミを減らすために物をリサイクルするには、各家庭、個人個人で気を付けて実行していく必要があります。毎日、指定されたゴミを出していると思いますが、そのことが大きなヒントになります。 まずは個人として何から始めればいいのか、何ができるのかを調べてみましょう。...続きを読む

正しい分別方法

リサイクルマークでどの分類のゴミかをチェックしたら、あとは正しい方法でゴミ収集所へ出すだけです。 そのままむやみに出せばいいというわけではなく、捨てる前にリサイクルしやすい状態にすることが大切です。 どのような状態にして出せばいいのか、プラスチック製品とスチール缶、アルミ缶の紹介からしたいと思います。...続きを読む

ゴミの種類と分別方法

プラ、スチール、アルミの他にもリサイクルマークが付いているものはいくつかあります。 その中から、ペットボトルや紙類を中心に紹介します。 また、あまり知られていないリサイクル可能なゴミや、逆にリサイクルの対象とならないものについても説明していきたいと思います。...続きを読む

おすすめリンク

川崎の粗大ごみを処理するなら

粗大ごみの処理に、頭を抱えている人必見!川崎在住の人は、こちらを参考にしてみてください。

即日対応してくれる世田谷区の不用品回収

お急ぎの方はこちらをご覧ください!世田谷区で即日対応してくれる不用品回収業者をご紹介します。

奈良市で粗大ゴミを出す際の注意点

粗大ゴミの出し方は市町村ごとに違います。奈良市の場合はどんなことに注意すればいいのでしょうか?

神戸のおすすめ遺品整理業者

神戸で大切な方が亡くなった時に、安心して遺品整理を依頼できる業者を一緒に探しましょう。

リサイクルするために出来ること

少し前から、ゴミをなるべく出さずにリサイクルへ回す方法が浸透してきています。
なぜ、エコやリサイクルに目が向けられるようになったのでしょうか。
理由はいくつかあります。

まず一つ目はゴミ処理の負担、そしてゴミの量自体を減らすためです。
ゴミは毎日大量に発生しています。
一般の家庭からでも毎日様々な種類のゴミが出ているはずです。
燃えるゴミに分類されるもの、燃えないゴミに分類されるもの、電化製品や家具などの大きなものも使い終われば粗大ゴミとして分類されます。
毎日大量に出るゴミは自治体などが処理をしてくれていますが、種類が多ければ多いほど処理方法も複雑になるため、その分の負担が大きくなります。
そして、燃えないゴミや大きなゴミは処理をする場所に困ることもあるのです。
よく、ゴミの埋立地の問題がニュースなどで取り上げられることがありますが、これは非常に深刻な問題です。

地球上にある埋め立てが出来る土地、規模はこれ以上大きくなることはありません。
それに対してこのままではゴミはどんどん増え続けます。
物へのリサイクルが必要な理由は、第一はゴミ問題への対策と考えていいと思います。
そして、再利用することで様々なメリットが生じます。
ゴミを減らして再利用率が上がるということは、地球上にある資源を守ることにも繋がります。
資源を壊して物を作り、そして不要になれば捨てる、というサイクルが続いてしまうと、結果としてはゴミばかりが増えて大切な資源はどんどん減っていくということになります。
では、正しくリサイクルへ出すにはどうすればいいのか、一緒に考えてみましょう。